空想科学祭2010 辛口感想専用板

空想科学祭2010辛口感想専用の掲示板です。
誹謗中傷に該当する場合は削除対象です。
[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]



[99] 【感想板より強制移動用】「開拓者の叫び」 Name:空想科学祭実行委員会 HOME Date:2010/10/06(水) 19:40 [ 返信 ]
【題名】開拓者の叫び
【あらすじ】
地球では生活できなりつつある人類を救うべく、人類は他惑星へ植民を始めた。だが、惑星に降り立つと同時に攻撃を受ける羽目になる。俺たちは、彼らが何者か、どうしてここにいるかを知らずに立ち向かうことになる。
【名前】尚文産商堂
【区分】短編
【URL】http://ncode.syosetu.com/n7805n/

※感想板からの強制移動用です。
 作者の希望で立てられたスレッドではありませんので、以下への書込はご遠慮ください。

[100] 【感想板より強制移動】 Name:石神航 Date:2010/10/06(水) 19:41
 読了感は、その小説の全てのイメージを一瞬で変える。例え途中途中面白くても、オチがイマイチであれば、全てが面白くないように思えてしまうし、初めは淡々としていても、最後に盛り上がりを見せれば面白い話だと思われる。語り口というのも、読了感を決定させる事項の一つで、スラスラと読ませてくれる、のめり込ませてくれるものはとかく評価が高い。
 さて今作は。読了後、首を捻った。物語の筋やアイディアは決して悪くないのに、なぜすっきりしないのか。「読まされているという感覚」を、読者が感じてしまうことがその一因ではないかと私は考える。
 自然と作品の世界へ入っていくような語りではなく、淡々と文を繋げているだけでは、読者に情景は伝わらない。広大な宇宙で未知の惑星に遭遇し、未知の生命体と……どこかで見た筋書きではあるが、書き方によってはもっと面白い話になるに違いない。一つ一つの事柄を丁寧にという言葉をはき違えているかのように、軍隊の号令やら指示はきちんと羅列するのに、読者が最も知りたいであろう景色や登場人物の心の動きに関して、なぜか語りが少ない。この状態では、自然に話の中に入っていくどころか、読み進めようかどうか迷い、やめてしまう人を多くしてしまうだけだ。
 特に気になったのは、先に一部例を挙げたが、艦長である主人公が指示を出したり、部下を集めたりするような「行動」を漏らさず書き過ぎているところ。地の文の書き方によってはすっきり纏められるような所を広げて書いて、それでいて場面と場面の移り変わりは行間のみという、何ともあっさりとしたところも合わせて気になる。その一つ一つが大切な出来事であるならば、いくらでも丁寧に書いていただきたいが、読者の心情としては、物語の本筋にさほど影響の与えないことに関してはサラッと済ませて欲しいのだ。
 こうした書き方は、後半の見せ場であろう生命体との格闘を、霞ませてしまっている。山場であるにもかかわらず、その箇所に費やしている文字数が異常に少ないことからも、それは窺えるはずだ。なぜ、物語の中心である部分に比重を置かないのか。なぜ、本当に見せたいはずのところが読者に伝わらないのか。
 要するに、「何を描きたいのか」という情熱が不足しているように思えてならないのだ。
 本当に読ませたいのは、細かな軍隊の動きなどではないはずだ。誰がいつどこで誰に指令を出しただとか、形式的な言葉のやりとりがどうだとか、そんなことを書きたいのではないはずだ。
 読了後、淡々としたやりとりのみが心に残るのが残念でならない。書きたいという気持ちはあるようなので、一人の読者として思ったまま書き連ねた。心には刺さるだろうが、物語を書き続けたいと思うなら、是非、心動かすようなものを書こうという気持ちも大きくして欲しい。 


[150] 見た目と中身 Name:栖坂月 Date:2010/10/18(月) 19:41
三作読ませていただきましたので、まずはこちらに感想を追加しようかと思います。
一通り読ませてもらった中で、テーマやら筋やらという意味から最も興味を惹かれたのは本作でした。内容に工夫も見られ、話をひっくり返そうという意欲も感じます。あらすじ、あるいは原作ということでなら、化けるかもしれないなという可能性を感じました。
問題なのは見せ方ですよね。正直に申しまして、余計かなと思われるシーンが多かったように感じられます。あくまで個人的にですが、掌編の作品を短編にしてこちらを掌編にした方がバランス的には良かったように思えます。演出という面だけでは片付けきれない部分が散見されたのはマイナスだったと言えるでしょう。削れるところを思い切って削るだけでも、ずいぶんと濃い作品に見えたようにも思えましたから。
淡々と書く、あるいは読ませる手法自体は間違っていないと思います。そういうものを好む読者もいるでしょうし、作者様の趣味もあります。しかしそれならばそれで、淡々としているからこそ良いという何かが欲しいと思うのですよ。それが色であり武器であり自信に繋がって行くと思います。
自分を見直すって大変なことですけど、真剣に向き合ってみて下さい。
ま、私も人のことは言えませんがね(笑)


[190] ありがとうございます! Name:尚文産商堂 Date:2010/11/07(日) 23:08
感想を付けてくださって、誠にありがとうございます。

私が今回書かせていただいた3作とも、シナリオや人物はいい。問題は書き方だ。ということを、作者は感想を俯瞰して感じました。
手探りながらも、それぞれの作品を深く読み、どのように書いていったほうがいいのか、どうすれば自分の思いがかけ切れるのかというのを研究していきたいと考えています。

これからも、どうかよろしくお願いいたします。


  


感想への返信は11/1以降にお願いします。返信は任意です。

無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace