空想科学祭2010 辛口感想専用板

空想科学祭2010辛口感想専用の掲示板です。
誹謗中傷に該当する場合は削除対象です。
[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]



[13] マリッジ・ホワイトスワン Name:虹鮫連牙 HOME Date:2010/09/02(木) 11:39 [ 返信 ]
【あらすじ】
 名前はホワイトスワン。性別は女性。とある財閥のお嬢様。再来週には結婚を控えている。
 そんな彼女が、花嫁修業をしたいと言い出した。
 未来からやって来たサイボーグのくせに。

【一言】
 空想科学祭に初参加させていただいた虹鮫です。
 せっかくの企画参加なので、目一杯企画を楽しむためにこちらにもスレッドを立てさせていただきました。
 皆様のご意見・ご感想を、今後の創作活動の糧とさせていただきたく思います。どうぞよろしくお願いします。
 大丈夫です。体育会系なので、厳しいご意見でちょっと涙目になっても挫けません><


[19] RE:マリッジ・ホワイトスワン Name:一二三四 HOME Date:2010/09/03(金) 00:10
 こっちの掲示板の方が数が少なくて感想制覇もしやすそうだなー、でも制覇というと全部読んで感想書いてこそだよなー、などと思いつつ、前置きもそこそこに感想をば。
 いや本当にいい話でした。しっかりと持ち上げてから終盤で落として、最後は救われる。お手本のような一編です。
 ただこれはもうすごく主観なことで、無視しちゃっても構わないレベルのことですが、コメディとしての趣味が別方向を向いているせいで本来の持ち味を感じられなかったということです。これを云ってしまうと本来の面白さを感じられない自分を認めてしまうようで、なんだかくやしいです。
 オチも早い段階で気付いてしまうのは多少の瑕疵ではあると思います。予定調和的で安心するのは作風と合っているのですが。付けくわえるならそれをいうならこの類の話全てに当て嵌まることでもありますが。
 総じて整っていて安心して読める作品でした。ただそれゆえ突出しているところが無いともいえ、読み返したり記憶に長く残るような作品ではないとも。
 ではでは乱文悪文失礼しましたm(__)m


[55] RE:マリッジ・ホワイトスワン Name:藤咲一 Date:2010/09/16(木) 21:15
はじめまして、藤咲一です。
企画執筆お疲れ様でした。
と、挨拶は程々に、辛口希望の企画作品を覗かせていただいたので、簡単な感想を……

とても良いお話でした。
どうして、タイムスリップしてきたのかとか、どうしてこの家なのだかとか、丁寧に魅せられていた気がします。
それに、名前が無理矢理の横文字だったり、それを解読したりと、そこらへんの伏線回収と言いますか、納得させるのも上手いと思いました。
また、コメディ部分の
>先生食い込んじゃってます!
笑いました。面白かったです。

さて、そんな中で私が思う事……。

この物語は、シリアス多めで読みたかった。
筋書きや設定は素敵なのですが、序盤に多く見られた考察からのツッコミ。
これはたぶん掴みとして利用されたのではないかと思いますが、私としては、中だるみになってしまっている気がします。正直な話、“先生食い込んじゃってます”に至るまでに、倦怠感と言いますか、そう言うのがありました。
私もよく指摘されるのですが、要らない所はバッサリやってしまったほうが、もっとすっきりするでしょうし、最後まで読んでもらえるのではないかと思います。
コメディとしてよりも、話筋の方が際立っている作品だと思いましたので、ね。
といっても、自分の事は棚に上げている私ですから、適当にスルーしておいてください。

と、以上が私の感想です。
好き勝手な感想すいません。
これからも頑張ってください。
藤咲一でした。


[92] ツッコミどころはないが Name:独行道アマチュア戯作者 Date:2010/10/03(日) 21:50
 題名に書いた通りである。この作品、正直なところツッコむところがないのだ。恐らく、この感想の前半部分は賛辞ばかりが並ぶこととなるだろう。ご了承頂きたい。

 まずこの作品、バランスが良い。
 この作品はコメディありシリアスありホロリありという贅沢な構成になっている。これをこの分量にまとめあげ、しかも違和感を覚えさせないどころか面白く読ませてしまうあたり、「凄い」の一言だ。ぐうの音も出ない。笑わせるべき処で笑わせ、真面目な話の際にはその真面目な空気に読者をいざない、感動させるべきところではきっちりと感動させている。これは作者様の並々ならぬ筆力と長年の努力の賜物だろう。
 しかも、この作品に描かれているSF味が「未来からロボットがやってくる」なんていう些細なことではなく、「科学が抱えている独善性」にあるところも個人的には好きだ。そして、その独善性を我が身の内に抱えながらも夫の為に花嫁修業をしようとする「ホワイトスワン」に、いじらしさと可愛らしさを覚えるのだ。「科学の独善性」を見事に個人レベルにまで落とし込んで、かつその解決まで図っている。その流れが非常に上手いのである。

 そう、ツッコミどころはないのだ。
 ただ、なんとない違和感があることをここに報告させて頂きたい。
 こう、すっきりと纏まり過ぎていて、こちら側に残るものがあまりないのである。
 恐らくは、という前書きを許して頂けるのならば、きっとその理由はこの作品における要素全てが読者にとって想定の範囲の中に収まってしまったからなのだろう。何か一つでも読者の想像を超えるものがあったなら、もっと印象的な作品が出来上がったことだろう。

 しかし、面白い作品であることに変わりはない。お勧め作である。

 好き勝手申しまして、本当にすいません。

[182] 作者からの返信 Name:虹鮫連牙 Date:2010/11/06(土) 13:41
この度は、拙作『マリッジ・ホワイトスワン』にご意見・ご感想をお寄せいただきまして、誠にありがとうございます。
 通常掲示板と共に、こうしていろんな方々からお言葉をいただけるとは思っていなかったので、なんつーか、たまげてますw
 空科祭への参加が初だったので、この企画の空気自体が分からずにいたものですから、辛口板へのスレ立て時はドキドキしました。加えて新着書き込みがある度に心臓が止まってました。
 しかし、さすが三年も続いている硬派企画ですね。皆様の率直で建設的なお言葉は、大変勉強になります。
 ありがとうございました。

 では、コメントをいただいた方々に個別レスを付けさせていただきます。

>>一二三四さん
 主観的と仰る部分ですが、いえいえ無視はしません。
 人それぞれの違った趣味全てにウケるようなものなんて不可能なのかもしれませんが、今以上に近づく努力は出来るので、ご意見、ありがたく頂戴いたします。
 それと、突出したものが無い、記憶に残らないという点も、重く受け止めています。
 正直悔しいです。だって僕は『マルキ〜』を読んだときに「こ、これは……!」みたいな衝撃がありました。意味が分からなくて、どんなことを書いているのかを理解したくて、いろんな人の感想で補いながら読み返したからです。サドぱねえっす。
 ということで、記憶に残していただけるような、読み返してもらえるようなインパクトある作品を目指していきます。そして来年も参加いたします!

>>藤崎一さん
 確かにネタを詰め込みすぎたように、僕自身も思っています。倦怠感があるというのも、頷ける話です。
 要らないところはバッサリというご意見も同意です。普段からそれは気にかけていることでもあるのですが、読者様にそう感じさせてしまった時点で失敗ですね><
 
>>独行道アマチュア戯作者さん
 実を言うと、作品とかのテーマってあまり深く考えていないんです。それはこの『マリッジ〜』に限らず、自分が書いてきた作品全てにおいてそうです。テーマなどは、作品を読み終えた読者さんが各々に感じ取ってくれればいいやって思っています。
 ですから、僕が意図していたわけではない「科学の独善性」というテーマを感じ取ってくださったことは、それだけ独行道さんがしっかりと読んでくれた上でのことなんだな〜と、大変嬉しく思っています。
 本当にどうもありがとうございます。
 感じられた違和感については、上記のレスにも書きました通り、今後の課題として身につけていきたいと思っています。
 狙うは読者の想像の斜め上!
 あ、ちょっと大口たたきすぎました。想像の斜め上より三十度くらい下あたりでw

 個別レス終了です。
 皆様本当にどうもありがとうございました。



  


感想への返信は11/1以降にお願いします。返信は任意です。

無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace